KATEKYO学院 長野県家庭教師協会

0120-00-1111

0120-00-1111

[無料通話] 月曜〜土曜 13:00〜21:00

小諸駅前校

長野県小諸市の完全個別指導塾 | 1対1のKATEKYO-小・中・高・既卒生対象

★令和3年度 長野県公立高校入試 平均点発表【KATEKYO・小諸駅前校】

2021年06月11日

 

昨日実施された教育委員会の定例会議で令和3年度 長野県公立高校入試選抜の平均点が発表されました。

点数は以下の通りです。

 

5教科:289.7点

  国語 社会 数学 理科 英語
平均点 57.6 63.5 51.9 56.8 59.9
100点の人数 1 24 1 4 85

教科別の得点分布グラフ等は教育委員会のHPをご確認ください。

☑長野県教育委員会 入学者選抜学力検査結果 リンク

 

 

長野県高校入試は、従来のような一問一答形式の出題が減少しています。単純な知識だけを問うのではなく、資料やグラフから適切に読み取り、表現する力が必要になっています。

今年度はコロナウイルスの影響で出題範囲が縮小されましたが、昨年度の入試からは平均点が『-13.8点』下がりました。

 

英語については、100点の人数が昨年18人から85人に増加しました。しかしながら、分布グラフを見ると例年同様、上位層と下位層でくっきり2極化しています。つまり上位層は1問のミスで大きく順位が下がり、下位層は1問正解すると大きく順位が上がることを意味します。今年は記号問題が多くあり、部分点がなく正解か不正解でしかないので、その点、順位の入れ替わりが顕著に出たのではないでしょうか?

今年度から学習指導要領が改定され、令和4年度の入試からはさらに「思考力」「表現力」「判断力」が求められると思います。

教育委員会の結果考察でもありますが、生徒が抱く問いを元に、対話形式で出題されます。

「思考力」「表現力」「判断力」の問題は、基礎が定着してからできるようになります。これらの問題に対応できるように夏休みまではしっかりと「知識」を入れ、基礎を固めましょう。

 

 

各教科の分析は下記のリンクからご確認ください。

▶傾向分析2021 (国語)

 

▶傾向分析2021 (社会)

 

▶傾向分析2021 (数学)

 

▶傾向分析2021 (理科)

 

▶傾向分析2021 (英語)

 

夏期体験講習 受付中