KATEKYO学院 長野県家庭教師協会

0120-00-1111

0120-00-1111

[無料通話] 月曜〜土曜 13:00〜21:00

新着情報

新着・更新情報などをご案内します

長野県公立高校入試 学力検査出題範囲の除外について【KATEKYO 長野県】

2020年07月10日

昨日実施された長野県教育委員会の定例会議の中で、現中学3年生が受験する公立高校入試 学力検査の出題範囲を、『中学3年生の12月までに学ぶ内容に縮小する』と発表しました。

 

出題から除外される内容は

国語:書写

数学:三平方の定理、標本調査

社会:市場の動きと経済、世界平和と人類の福祉の増大、よりよい社会を目指して

理科:エネルギーの移り変わり、エネルギーの保存、月の満ち欠け、日食と月食、地球と私たちの未来のために

英語:3学期に習う予定の新出語句

となっています。

 

中学3年生の中には「出題範囲が減ってラッキー」と思っている生徒さんもいると思います。しかし、以前こちらの「中学3年生の今後の対策」の記事で記載しましたが、中学3年の後半に学ぶ範囲は非常に重要な単元が多いため、遅かれ早かれ定着しておく必要があります。受験が終わったら「新研究」や「整理と対策」などの学校用教材を使用して自分自身でしっかり基礎を固めておくようにしましょう。

 

 

❑長野県教育委員会 高校入試出題範囲について(リンク)

 

❏長野県教育委員会 令和3年度 長野県立高校入学者選抜要項