KATEKYO学院 長野県家庭教師協会

0120-00-1111

0120-00-1111

[無料通話] 月曜〜土曜 13:00〜21:00

2020年度センター試験が変わります

今の高校1年生(2018年4月時点)から、
「大学入学共通テスト(仮称)」を受験することになります。

センター試験は2019年度(2020年1月)の実施を最後に廃止され、これに代わり2020年度
からスタートするのが「大学入学共通テスト(仮称)」(以降、「共通テスト」)です

「知識・技能」を評価するのではなく、「思考力・判断力・表現力」を中心にキャリアビジョンの形成を評価する。

学問を学ぶために必要な学力

共通テストのポイント1

共通テストは基礎レベル・発展レベルの2種類に分けられる予定。

基礎レベル/発展レベル

共通テストのポイント2

記述式問題の導入と、英語の試験内容は大きく変化の予定。

数学・国語・英語

グローバル化が急速に進展するなか、英語のコミュニケーション能力を重視する観点から、大学入学者選抜でも4技能を評価する必要性が示されてきました。現行のセンター試験は「読む」「聞く」の2技能の評価に留まっているとされ、新テストでは4技能を評価する方向で検討されてきました。しかし、センター試験のような大規模な集団に、同日に一斉に「話す」「書く」に関する試験を実施するのは難しいものがあります。そこで、すでに4技能評価を行っている民間の資格・検定試験を活用することが提示されました。
活用できる民間の資格・検定試験は、現在確定していません。今後、大学入試センターが、試験内容や実施体制など大学入学者選抜として必要な水準・要件を満たしているかを判断し、認定を行う予定です。

大学入試センターのホームページには、新たに実施される国語と数学の記述式問題のモデル問題が公表されています。